ゲーム日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地デジになりチャンネル番号がシャッフルされました。
おかげで、9チャンネルにTOKYO MXというアニメにまみれたチャンネルがあることについ最近気がつきました。

TOKYO MXのアニメポータルを見ると結構過去の名作もあります。


http://www.mxtv.co.jp/anime_portal/index.php


しかし、濃いタイトルだらけですなー。

まず、毎日放送しているタイトルに巨人の星があります。
この平成の世に「巨人の星」ですよ。
いくら何でも・・・な気はしますが、放送時間は朝6:30~7:00とターゲットは出勤前のおっさんと思われ。
しかし、朝からあれ見て仕事がはかどるかどうかは不明です。

さらに「ハクション大魔王」、「タイムボカン」、「ドカベン」、「鉄人28号」と昭和の名作を毎日放送しています。

個人的には毎日枠にいれてほしかったのが、日曜19:00から放送している「トムとジェリー」。
私はこれを見て育ちました。いったい何度見たことでしょう。自分の子供にも是非これを見て育って欲しいものです。

ちなみに静岡県は、「トムとジェリー」、「ルパン3世」、「シティーハンター」が飯時間に無限ループしています。

他には今時の萌系アニメからおぼっちゃまくんまで、幅広いアニメを扱っているのがすばらしい。

暇な人や子持ちは是非チェックすべきチャンネルです。はい。
スポンサーサイト

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5284485

いやー 問題になるだけならまだしも、抗議のFaxは紙の無駄で、好まざる「手法」だと申しております。

もう、バカかと・・・あほかと・・・・小一時間問い詰めたい。

どう見ても特定の人間から複数のFAXが送られているとしか思っていない発言です。
私も、署名TVでは署名させていただきましたが、これだけ国民がよいとは思っていないものがすんなり通ってしまう現実、そして、小室哲哉の逮捕なんて10秒くらいでいいのに、こういうことを報道しないマスゴミ。まさにゴミ。

ネット上では、数週間前からあんなに問題視されていたのに、マスゴミってそんなにアホなのでしょうか。。。

法案はあってもいいからさ、DNA鑑定くらいしろよと。。。
「日本人はしないから差別?」というアホ発言があるらしいが、そんなこと言ったら、全部の検査が差別じゃ。。。もうバカかと・・・


アホかと・・・・

小一時間問い詰めたい。。。

信長Onlineのような遭遇戦闘、ターン制で最大9人?のNPCを編成して戦闘を行えるアトランティカ。

初めてすぐの感触は良好。
チュートリアルの夢の世界をクリアして札幌に降り立つと、そこに佇む謎の女性。。。
そして、大量のクエスト。
最初は精霊が何チャラ・・・・とか言っていたのに、次第にクエストの内容にストーリー性が欠けてきて、ついには、

「xxxxを10本もってきて。」 以上。。。

だめだこりゃ。。。

そして、このゲーム、本当にオンラインゲームである必要があるのだろうか?
基本はドラクエを多人数でやっている感覚です。
ただし、誰かと話してお使いを淡々とこなしていくだけのドラクエですが・・・

もう少しやれば、きっといろいろやるんだろうが、社会人にはここで限界。。

今日も1本ゲームをクリアしたぞっと。。。

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1225610581/

こちらのスレの10 52 69 70をご覧ください。

10を読んだ時点で即、ガンダムが思いつかないあなた!
おっさんじゃないですね。

逆に RX-7 とか RX-8とか車を思いついたあなた!
もうすぐおっさんですな。。。

韓国産のFPSはいくつか試しましたが、ゲーム画面に出てくる銃のの向きが嫌だったり、画像や動きが荒くいまいちなものが多かったのですが、このところ良作が増えてきた気がします。

今回プレイしているのはAlliance of Valiant Arms、通称A.V.Aというゲームです。
普通のFPSにある「殲滅ゲーム」以外に戦車を修理しながら目的のポイントを目指す「護衛ゲーム」、爆弾を設置して破壊工作を行う「爆破ゲーム」、相手の金庫から爆弾を奪ってくる「奪取ゲーム」などがあり、飽きさせずにいろいろ楽しませてくれます。

また、武器のバレル、機械ボックス、サイト、ストックなどを交換できるというカスタマイズ要素などもあり無料にしてはなかなか楽しめます。
この辺のシステムは惜しくもサービスが終了してしまったLANDMASSに近いものもあります。

やっぱり、FPSはゲームをしてる感覚が強くていいですな。。

テーマ:(´・▽・)ъグッ - ジャンル:日記


機動戦士ガンダムUC (6)  重力の井戸の底で (角川コミックス・エース 189-7)機動戦士ガンダムUC (6) 重力の井戸の底で (角川コミックス・エース 189-7)
(2008/10/25)
矢立 肇福井 晴敏

商品詳細を見る


分厚い6巻が発売されているのを見て、とうとう1巻を買ってしまいました。
おもしろいと聞いてはいましたが、これ、確実に1stガンダム世代をターゲットしたものだったんですね。
時代は映画「逆襲のシャア」の4年後?であり、1stガンダムの世界をしっかりと引き継いでおります。
シャア、ガンダム、アナハイムエレクトロニクス社、Ζ計画、ニュータイプ、ジオンと懐かしい言葉のオンパレード。現在4巻を読破中ですが、全てのガンダム(私の中では1st、Ζ、ΖΖ)に登場するあの人もしっかりと出てきてます。(メインストーリーとは関係してませんが・・・)

「逆襲のシャア」でシャアとアムロの最後がうやむやにされたままなので、その辺の話もほんのちょっと期待しながら読み進めたいものでもあります。

さあ、 「みせてもらおうか!」

テーマ:(´・▽・)ъグッ - ジャンル:日記



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 (´・ω・`)ショボーンとしてみる, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。