ゲーム日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSをVistaにしてからというもの、いつもHDDがカリカリ言ってます。
検索を速くするためにIndexをはったりなんやかんやとHDDにアクセスしているようです。

しかし、カリカリ カリカリ・・・・

はっきり言ってうざい!

そこで、今回はVistaからの新機能「ReadyBoost」を試してみようと思います。
なんでもUSBメモリをキャッシュとして利用できるようになる機能だとかなんだとか。。。

私のマシンのメインメモリは2Gで、OSと常駐アプリで約1Gほど常に利用されています。
ここに今回は4GのUSBメモリを刺して、ReadyBoostをONにしてみました。

設定はUSBストレージのドライブのプロパティでReadyBoostタブを選択し、ONにしてあげるだけ。
非常に簡単。

で、結果ですが、CrystalDiskMarkの測定ではほとんど変わらず。
速くなった体感などはまったくなし。

ですが、カリカリがなくなった!
これはでかい!

ということで、4GのReadyBoost対応USBメモリ2000円くらいなので、暇だったらトライしてみるのもいいかもしれません。

TOSHIBA ReadyBoost対応 USBフラッシュメモリ 4GB U2M-004GTTOSHIBA ReadyBoost対応 USBフラッシュメモリ 4GB U2M-004GT
(2008/10/20)
不明

商品詳細を見る




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 (´・ω・`)ショボーンとしてみる, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。