ゲーム日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この季節、鼻水がちょっとズルズルして咳き込んだりすると、「風邪かな? それとも花粉症?」なんて悩んだりしますよね。

そんな、すでに花粉症を発症している方にも、まだの方にもこの言葉を贈ります。


「それは花粉症です。」



はい、今年もやってきました『花粉放送局局長』兼『非花粉症撲滅同盟員』のJelidです。
世界花粉症発症計画はちゃくちゃくと進んでいる気がしてならないのは私だけでしょうか?


と、ネガティブなことやっててもしょうがないので、今日は花粉症に対処する有用な情報でもお届けしたいと思います。

※ ちなみに私は医学に携わる人間ではありません。よってここに記載される内容は、たんだの私の経験です。信用するもしないもあなた次第。。。。


まず、花粉症の重度段階を説明します。
重度は2段階。軽症か重症か。。。。簡単ですね。

軽症状態
 この状態は花粉を取り込み体がそれを排除しようとしている状態。この時点ではくしゃみや鼻水が出ますが、酷い状態ではなく鼻かみやクシャミによって回復する人もいるはず。
水っ鼻がとまらなくなる程ではない状態です。
また、この状態での薬の効き目は抜群でどんな薬でも一発で効くことでしょう。(風邪薬でも効くはずです)
鼻の粘膜が強力な人はこれ以上悪化しない可能性も考えられます。
そして、どんな人でもこの状態から花粉症の状態は始まります。

重症状態
 この状態は鼻の粘膜が炎症を起こしており、粘膜に何かが触れば何らかの反応が即目に見える形で返ってくる状態です。そして、私の経験上、酷い花粉症の人は軽症状態からクシャミ1発で重症状態になると考えています。ちなみに私はその一人です。
 この炎症状態では、ホコリや冷たい空気を吸うだけでも粘膜が敏感に反応し、クシャミ連発、鼻水無間生産が開始されます。原因が花粉である軽症状態とは異なり神経過敏状態に陥るため、薬を飲んでも状態は大して改善しません。 
[鼻をかむ→粘膜荒れる→過敏反応→鼻水生産→最初にもどる]
という状態を繰り返すため、どうしようもなくなるわけです。

では、どうすれば重症状態を脱出できるのかをここで伝授します。

上記の状態連鎖を断ち切ればよいだけです。
とても簡単、その解は「鼻栓&クシャミ我慢」です。

鼻栓はティッシュを丸めて詰めればOKです。
クシャミは鼻の骨の下あたりの鼻腔を手でつまめば抑えられます。

この状態を30分程度続けます。
その間、鼻をかむのはできるだけ避けてください。
鼻をすするのも刺激なのでだめです。(鼻栓のせいでできませんが・・・)
ティッシュがボトッっと落ちるかも知れませんが、何食わぬ顔で新しいティッシュを充填してください。
これで回復できます。

名付けて「粘膜絶対防御法」 またの名を 「だだ漏れ放置療法!」である。

粘膜を長時間、冷たい空気や花粉から守り、いらぬ刺激を与えないことで炎症を沈静化し軽症状態に移行させます。それに成功すれば、薬の効果によって花粉症の症状は抑えられ快適な生活状態とまでは行かないまでもかなり楽になれます。

私は起床直後には重症状態に移行しているので、1時間の通勤時間をこの状態ですごします。
この1時間はぶっちゃけつらいです。マスクの中はすごいことになってますし、息はまともにできないしで大変ですが、会社につくころにはそれも嘘のように楽になっています。

さー、私と同様酷い花粉症の方は1度これを試してみよう。

テーマ:~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~ - ジャンル:日記





目は何もしなくて良いものなの?(よくわからないけど)
【2009/03/02 22:49】 URL | faye #-[ 編集]
花粉症はつらいみたいですねぇ。。。
【2009/03/02 23:57】 URL | じゃすてぃす #-[ 編集]
目も同様、触らない、擦らないが掟
【2009/03/03 00:32】 URL | Jelid #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/03/03 00:40】 | #[ 編集]
ボクはまったく大丈夫だけど、メモしておくよ!!

【2009/03/03 13:22】 URL | じらいや #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



ちなみに私は花粉症ではありません。 今年は花粉が多いそうです。 ちこっと花粉症について書くと、スギなどの花粉によるアレルギー症状だ... 真夜中のひととき【2009/03/03 00:36】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 (´・ω・`)ショボーンとしてみる, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。