ゲーム日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波止場のポーズと言うものを今の人々は知っているのだろうか?

石原裕次郎が第1考案者であると言われているが、その真相は明らかではない。


では、まず、そのポーズのとり方を解説していこう。

必要な物に、以下がある。

波止場にあるΩ

オームではない、波止場にある船を固定させるアレである。
ここに片足を乗せ、乗せた足と同じ側の手の肘を膝の上に乗せ海を見つめる。

イメージとしては、「波止場のポーズ」というキーワードをGoogleイメージで検索すると、悲しいかな、1件だけ引っかかる(私ならGoogleに抗議するだろう)。ちょっと不恰好だが、そんな格好である。

もちろんイメージのようにΩはパイロンでも問題はない。写真の人物の足に無理があるとか、そういう突っ込みはかわいそうなので、突っ込んではいけない。

で、前置きが長くなったが、私は今までにこのポーズをした人物を2名見たことがある。いや、もっと見たことがあるかもしれないが心に残る波止場のポーズは写真の人を除いて2名だけである。

まず最初の男のデータである
 Ω : ガードレール
 場所: 公道
 人 : サラリーマン(男性)
 格好: スーツ着用
 アイテム : 携帯電話
 
この男性、ガードレールに足をかけながら携帯電話で話しをしている。あまりにも堂々とした波止場のポーズは、周りの人々に十分な警戒感を与えていた。だれも彼のいるほうの歩道を歩こうとしないのが印象的だった。そして、彼は電話を切ったあと、ベランダから観察していた私に向かって、親指を立てGoodのポーズを決めた。

・・・・なぜ、俺に・・・

見ていた私だが、恥ずかしくなって、即効部屋に隠れた。

そして、あれから8年、2度目の波止場ポーザーに出会うことになった。

まずはデータである
 Ω : 歩道橋の手すり
 場所: 千代田区の歩道橋
 人 : サラリーマン(男性)
 格好: スーツ着用
 アイテム : 携帯電話

今度の男性は、前回よりもかなり年上である。そして、なぜか、共通アイテムである携帯電話で電話をしている。サラリーマン、スーツ、携帯電話には、人に波止場のポーズをさせる何かがあるのだろうか?

もちろんこれだけでは、印象に残らないのだが、彼にも波止場ポーザーに実装度の高い「印象プリンティングアビリティ」が存在していた。

この日は風が強い日だった。さらにここは歩道橋の上である。たまに自分の体が浮くような感覚を覚える程の風が吹き荒れている。
彼のスーツは、パタパタとスカーフのようにたなびきながら、風上にむかって波止場のポーズを決めている。その姿は、まさにちょいやせ裕次郎。しかし、彼には微塵のかっこよさも感じさせない独特の雰囲気があった。

彼のスーツの裾のパタパタは良いとしよう。
水平にたなびいたネクタイも赤いマフリャーのようでよいとしよう。
しかし、許せないのは、

 バーコードヘアーがたなびいてるのである。目の横あたりから、後ろにむかって黒い髪の毛が片側からそよそよと・・・


そして、相手にはきっと

ゴーーーー ゴーーーーーーーーー

という風音しか聞こえてないのであろう。しきりに大声で電話に向かって怒鳴っている。


そして、彼は電話を切ったあと確かにこう言った。

「風、うるせーんだよ」


・・・・

・・


テーマ:日記 - ジャンル:日記





たしかに波止場のポーズといったらあれだけど・・・
実際にはあまり見たこと無いな。

海に行ったとき受け狙いでやるやつはいるけど、症例の2人は、ごく自然に(?)やってるね。
見てみたい。w
【2006/04/12 00:32】 URL | Domonn #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 (´・ω・`)ショボーンとしてみる, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。